West Hill 開発メモ

タグ:アプリ

UnityでiPhone、iPadとAndroid用のTwitterクライアントアプリ「ドラゴンツイート」を作りました。
Twitterやってる方は良かったら気分転換に使ってみてください。

DragonTweet - Retro RPG-style Twitter app for iPhone & Android. http://westhillapps.com/app/dragontweet.html
ss_01_ja
このアプリの制作に使用した主なAssetと用途はこんな感じです↓

・NGUI
https://www.assetstore.unity3d.com/#/content/2413
GUI全般。

・Prime31 Social Networking Combo
http://prime31.com/plugins#combos-social
iOS、Android両用のTwitter連携。
TwitterへログインしたりREST API叩いたりといった処理がラップされていて、
Unityスクリプトからの呼出を共通化できるので便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Unityで作ったプロジェクトをiOSやAndroid向けにビルドする際に、
アイコンの下に表示されるアプリ名を言語別に変更(ローカライズ)する方法です。

↓のように英語の場合と日本語の場合で分けたいとき 
localize_01
iOSの場合は、Xcodeプロジェクトができた後に、InfoPlist.stringを追加する以下の方法で出来ます。
be-style [Unity] iOSアプリ名のローカライズ
http://blog.be-style.jpn.com/article/57050228.html 

Androidの場合は、Unityプロジェクトビューのルート(フォルダ構成で言うとAssets直下)に、「Plugins/Android/res」フォルダを作って、
その配下に日本語なら「values-ja」 フォルダを作ってstring.xmlファイルを配置します。

string.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <string name="app_name">日本語アプリ名</string>
</resources>

日本語アプリ名の箇所に好きな名前を入れる事で、端末の言語設定が日本語の場合に表示される名前を変えられます。

ちなみに、ローカライズファイルを用意していない言語の場合は、
Unityの「Edit→ProjectSettings→Player」内の「Product Name」に設定したデフォルト名が表示されます。 
localize_02

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ